甘酒の効果は寝る前に飲むのが最も良い?

今甘酒がとてもはやっていますが、それもみんな健康になりたいからですよね。そんな甘酒の効果をよりだしたいって思うのが普通ですよね。効果的に飲むには甘酒は寝る前がいいらしいのです。その甘酒の効果を出すには寝る前がいいという理由について調べてみました。

     スポンサーリンク



甘酒の栄養

こちらでは、主に米麹からできた甘酒について書きます。甘酒の気になる栄養を少しだけお話すると…

✳ビタミンB群…疲労回復に効果あり

✳食物繊維…腸内の余分な毒素を吸着しながら便通を良くする

✳オリゴ糖…腸内細菌のエサとなり腸内の善玉菌を増やす

✳アミノ酸…身体を作るのに必要不可欠で老化防止にもなる

✳ブドウ糖…活動する上でのエネルギー源となり脳はブドウ糖を大量消費するため脳にいいとされる

✳麹酸…メラニンの生成を抑制しお肌の美白が期待できる

これらが甘酒には含まれています。これらも甘酒の栄養成分の全てではないのでいかに甘酒が栄養的に優れているのかがわかりますね~。飲む点滴、飲む美容液と言われるのもうなずけます!

     スポンサーリンク



甘酒は寝る前に飲む

さて、甘酒を飲むにはタイミング良く効率的に飲みたいものですよね。
調べた結果、甘酒を飲むタイミングで一番効果的なのは夜寝る前だということがわかりました。

みなさん、知っていましたか?甘酒は夜寝る前に飲んだ方がいいんですよ。甘酒おいしいから、いつでも飲んでも別にいいんですがより効果を期待したいときには夜寝る前に飲みましょう。

     スポンサーリンク



甘酒を寝る前に飲む理由

甘酒を寝る前に飲んだらいいことはわかりましたが、なぜ寝る前に飲んだ方がいいのかちょっと気になりますよね。知らずに実践してもいいんですが理由を知る事によって気持ちも前向きになれますよね。そこで、甘酒を寝る前に飲む理由を調べてみました。

・ストレス軽減効果
・安眠効果&入眠効果

甘酒を寝る前に飲む理由としては以上の2点がわかりました。
なんと、甘酒に含まれるアミノ酸にはストレス解消効果があるそうです。そして、甘酒を飲むことにより入眠効果が高まりしかもより良い睡眠の質が得られるということです。

これは、ストレス社会で戦う大人たちにはぴったりですね!夜ベッドに入ってもなかなか寝付けない方は、寝る前に甘酒を100mlほど飲んでから寝ましょう。
また、この時甘酒を少し温めてから飲むとなお良いです。

まとめ

甘酒は寝る前に飲む理由がわかりました。ストレス解消と安眠効果です。甘酒を普段から飲んでいた方もできたら夜寝る前にあったかい甘酒を飲むようにしたらより良い甘酒ライフがおくれますね。

おすすめの記事

→甘酒の効果は血圧を下げるって本当?

→甘酒 効果的な飲み方とは?。知らなかった上手な摂り方!

→甘酒の飲み方 時間や量はどのくらいがいいの?

→甘酒 飲み方 温度はホットで飲むのが正解?

→甘酒飲み方牛乳割りで飲むとおいしい!

マスカットのいい香りでうるぷるになれるおすすめグロス☆

あなたはくちびるに関してこんな悩みありませんか?

△くちびるいつもガサガサ

△リップを塗ってもすぐ乾いてしまいかさつく

△グロスのベタベタ感が苦手

△意外といい香りのグロスor美容液が見つからない

 

そんな方におすすめグロスです!

 

\えっ/彼がキスしたくなる唇?3分に1本売れるキス専用美容液とは⇒


♪口紅に重ねられるので通勤通学にぴったり!

♪液がサラサラしているのでベタベタ感が苦手な方にも!

♪香りは甘いけど爽やかなマスカットやベリーでとってもキュート!

♪美容液なので寝る前にぬってくちびるケアにも!

♪彼との接近戦でもぷるぷるくちびるで余裕!

 

うるぷるグロスはこちらから↓



スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告大