甘酒 飲み方 温度はホットで飲むのが正解?

甘酒の飲み方としては、温度はどうなのでしょうか?ホットで飲むのがいいのか、それとも冷たいので飲むのがいいのか、気になるところですね。なので、今回は甘酒の飲み方としては温度がどれくらいがいいのか調べてみました。

     スポンサーリンク



甘酒の飲み方

甘酒の飲み方としては、3つあります。朝飲む、日中に飲む、寝る前に飲むという3つが王道の飲み方となっています。

朝飲むのは、1日のエネルギー活動を始めるにあたって甘酒に含まれるブドウ糖がよりエネルギー消費の助けになるため。日中は特に、運動後に甘酒に含まれるビタミンB群によって疲れがとれやすくなり疲労回復の効果があるため。そして、3つめの寝る前に飲むというのは、寝る前に飲んで甘酒に含まれる麹酸の美白美白、美肌効果を狙うにはお肌が回復する寝ている間を狙う、そして

これらの3つの飲み方としては、どちらも基本的にはホットで飲むのがいいとされています。では、なぜ冷たい甘酒よりもホットの甘酒の方がいいのでしょうか?

     スポンサーリンク



甘酒はホットで飲む

甘酒をホットで飲む理由、それは一つだけです。

ズバリ、身体を冷やさないためです!人間の身体は、冷たい飲み物を飲むと内臓が冷えてしまいます。そして、体温が下がります。体温が下がると免疫力が低下してしまうんです。逆に言うと、ホットの甘酒を飲むことにより体温が高くなって免疫力アップにもつながると言えますね。そのため、甘酒はできるだけあっためて飲むようにしたいところです。

しかし、夏の暑い頃にホットで飲むのはちょっとしんどいですよね。そんなときにはあまり無理をせずに冷やしたりしても構いませんよ。楽しくおいしく飲めるならそれにこしたことは無いですからね。江戸時代には夏に甘酒売りがたくさん売り歩いていたほど夏のドリンクとして大人気だったようです。夏バテの身体の滋養強壮にピッタリだと思います。

     スポンサーリンク



甘酒の麹が熱により死んでしまう?

実は甘酒には元々、米麹に身体にとってもいい働きをする酵素がたっぷり含まれているんです。しかし、市販している甘酒は加熱殺菌処理がされているので本当のところはこの酵素の働きによるメリットはほとんど無くなっているといっても良いそうです。なので、市販の甘酒を温めると酵素が死んでしまうのではないか?という心配は皮肉にもしなくて良い、ということになります。

甘酒に含まれる酵素が死んでしまう温度は48度だということです。

なんとも、本当にもったいない気はしますね。甘酒の酵素の働きを期待して飲んでいる方もいらっしゃるかもしれません。そこで、甘酒の酵素を摂取するにはどうしたらいいか調べると、生の甘酒を飲むのがいいことがわかりました。

1:家で自分で手作りする
2:生の甘酒を取り寄せる
3:酵素サプリメントを飲む

以上3つのやり方でしたら、生の甘酒による効果も期待できそうですね。3つの中で一番手軽なのは3のサプリメントですね。サプリメントなら、外出先でもサッと飲めますし、携帯できるのが便利ですね。
こちらのサプリは熱に強い酵素が配合されたおすすめサプリになります。
→もうダイエットに失敗したくないアナタへ【あまざけ美人酵素】

まとめ

甘酒の飲み方にはホットで飲むのがより良いということがわかりました。ホットで飲むことにより身体の体温を暖めて免疫力アップを狙えます。
これから甘酒を飲むときにはできるだけホットで飲んでみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事

→甘酒の効果は血圧を下げるって本当?

→甘酒の飲み方 時間や量はどのくらいがいいの?

→甘酒の効果は寝る前に飲むのが最も良い?

→甘酒の飲み方アレンジ炭酸水で割るのもあり!

→甘酒飲み方牛乳割りで飲むとおいしい!

マスカットのいい香りでうるぷるになれるおすすめグロス☆

あなたはくちびるに関してこんな悩みありませんか?

△くちびるいつもガサガサ

△リップを塗ってもすぐ乾いてしまいかさつく

△グロスのベタベタ感が苦手

△意外といい香りのグロスor美容液が見つからない

 

そんな方におすすめグロスです!

 

\えっ/彼がキスしたくなる唇?3分に1本売れるキス専用美容液とは⇒


♪口紅に重ねられるので通勤通学にぴったり!

♪液がサラサラしているのでベタベタ感が苦手な方にも!

♪香りは甘いけど爽やかなマスカットやベリーでとってもキュート!

♪美容液なので寝る前にぬってくちびるケアにも!

♪彼との接近戦でもぷるぷるくちびるで余裕!

 

うるぷるグロスはこちらから↓



スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告大